無料ブログはココログ

あし@

うさぎ関係

旅行・地域

2009年5月 5日 (火)

富士芝桜まつり

高速道路1000円になって初めてのドライブcarに行ってきました。

行き先はmimiママリクエストの富士本栖湖リゾ-トで開催されている≪富士芝桜まつり≫。

B級グルメを楽しみにしていたけど、寄れるS.A.は談合坂のみ。

すでに渋滞が始まっていたので、まずは腹ごしらえ 『カレーラーメン』を注文。

Dsc02463

カレ-うどん→ラ-メンに変わっただけで、普通に美味しかったnote

休憩もそこそこに、目的地へ出発sign03

やっとの思いで着いたときには、どんよりくもり空。

Dsc02465

せっかくの富士山も寒々しい感じsweat01

芝桜は、ほぼ満開です。

Dsc02468

ピンク色の絨毯の中、たんぽぽが可愛く咲いていました。

Dsc02475

お気に入りの一枚camera

Dsc02472

さすがGW、人・人・人の大混雑。

Dsc02477

この後は、富士急ハイランド内にある≪フジヤマ・ミュ-ジアム≫へ。

ここは展示品がすべて富士山の絵。

それぞれの手法で描かれた富士山の数々、見事な作品ばかりでした。

富士山を五感で感じられた、とても楽しい一日になりました。


2009年2月20日 (金)

旅日記(6日目)

朝一の観光は『アトラス・コ-ポレ-ション・スタジオ』。

ここは、いろいろな映画の撮影所だそうです。

Dsc02031

中には入らず、写真だけパチリcamera

その後、世界遺産『アイト・ベン・ハッドウ』へ。

115

小山登りのスタ-トですrun わっせ わっせsweat01

まず最初に出会ったのは、野良犬くん達。

Dsc02040

人懐っこくて、ずっと後をついてきます。

現地の子達も。

Dsc02042

頂上からは、こんな素敵な景色がshine

Dsc02050

たくさん歩いたあとは、おいしいランチrestaurantが待っていました。

115_2

モロッコ風サラダやケバブなど。

途中、さきほどの現地の子達の家にも立ち寄りました。

Dsc02053

この後は、一路、『マケラシュ』へ。

なが~いバス移動busが続きます。

2009年2月16日 (月)

旅日記(5日目)

すっかり途中になってしまいましたが・・・

モロッコ旅日記(5日目)、再開です。

この日は一路、サハラ砂漠へrvcar

四駆に乗り込み、道なき道を行くこと1時間。

砂漠地帯に到着です。

Dsc01969

ここで、夜明けを待ちます。

すごく寒いので、意味もなく、あたりをウロチョロwobbly

空が明るくなり、砂丘の間からご来光がっsign03

Dsc01977

早朝3時に置き、車酔いを我慢した甲斐がありましたshineshine

砂漠のポイントへは歩いても30分程ですが、せっかくなのでラクダに乗ってみました。

Dsc01982

歩幅はゆっくりですが、横に縦に揺れるので、落ちないようにするのが大変sweat01

どこまでも続く広大な砂漠のなか、新鮮な朝日を浴び、心を洗われるようでした。

ホテルでの朝食後、トドラ渓谷へ。

Dsc02011

ここは、ロッククライミングの聖地だそうです。

岩・岩・岩。すごい高さでそびえ立っています。

モロッコの旅も、これで中盤です。

2009年2月 1日 (日)

旅日記(4日目)

4日目はアトラス山脈を超え、サハラ砂漠を目指します。

標高1650mの高原リゾ-ト『イフレン』へ。

Dsc01939

ここはスキ-場skiもある、雪深いところ。

標高2178mのザ-ド峠。

Dsc01944

2週間前までは道路が封鎖し、通行止めだったそうです。

アトラス山脈の麓『ミデルト』へ。

Dsc01956

峠を越えると・・・

ぽかぽか陽気sun 暑いくらいですcoldsweats01

長~いバス移動を終え、ホテルに着くと、楽器隊の方達が迎えてくれました。

Dsc01962

さあsign01

明日は夜明け前に起きて、いよいよサハラ砂漠です。

2009年1月25日 (日)

旅日記(3日目)

3日目は世界遺産『フェズ』観光camera

ユダヤ人街Dsc01880

ブ-ジュル-ド門(あいにく改装中でした)

Dsc01882

ブ-イナニア神学校

Dvc00029

モロッコ人の一般家庭を訪問。ミントティ-cafeをご馳走になりました。

Dsc01894

お砂糖たっぷり甘めで、旅の疲れもとれます。

お昼は、ビ-フタジン。

タジン鍋で作る料理はすべて『タジン料理』と呼ばれるそうです。

Dsc01909

ネジャ-リン広場の様子。

Dsc01912

これはモロッコの花嫁さんが結婚式で座る椅子だそうです。

陶器工房を見学。

Dvc00027

夕飯は昨日と同じレストランrestaurant

添乗員さんが日本語のメニュ-を書いてくれたので、オ-ダ-はばっちりですscissors

前菜のピザ。

Dvc00026_2

メインのハンバ-グ。

Dsc01931_2

デザ-トのプリン。

Dsc01933

ちなみに、これは一人分です。

夫くんは、クラブサンドウィッチ・ステ-キ・チョコレ-トケ-キを注文。

とっても美味しかったけど、あまりの量の多さに半分以上残しましたweep

フェズはとてもゴチャゴチャした街で、まるで迷路のよう。

街の中はラバやロバが通るので、人一人歩くのが精一杯sweat01

ガイドさんについて行くのが大変でしたwobbly

2009年1月23日 (金)

帰国しました

19日(月)、モロッコより無事に帰国airplaneしました。

出発前にコメントpencilを下さった皆さま、ありがとうございました。

思い出をとどめておくために、日記形式でつづっていきたいと思います。

まず、1日目~2日目。

モロッコへはパリを経由しての15時間の長旅。

1日目は長時間のフライトでへとへとcoldsweats01 首都のラバトに着いたときには、夜の10時過ぎでした。

2日目、まずはラバト市内観光へ。

ハッサンの塔。

Dsc01823

ムハンマド6世の王宮。

Dsc01819

その後、メクネスを経由し世界遺産『ヴォルビリス』観光。

Dsc01855

ここは、古代ロ-マ人がつくった都市です。

山の中腹にある、古代遺跡。ヨ-ロッパを感じさせる素敵な場所。

その後、フェズへ。

眺めのいいホテルへランクアップしていたので、私達だけ違うホテルbuildingへ。

夫くんのつたない英語で、なんとかディナ-を注文。

Dsc01864

白身魚のホワイトソ-スかけ。

ボリュ-ムが多くて大変だったsweat01けど、美味しかったぁshineshine

実家の用事でバタバタしていて、なかなか更新できないかもしれませんが、今後もこんな感じで旅の様子をつづっていこうと思います。

最近のトラックバック

2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31